2018.12.26気密測定!

 

紀の川市貴志川町-K様邸の気密測定の様子をアップ致します。

 

LIXILのスーパーウォール工法では写真にある大砲みたいな機械で家全体に圧をかけ、家全体の目に見えないほどの隙間を測定します。

隙間の値をC値と言いい、このC値が小さいほど保温性に優れ、家全体の省エネ効果にも繫がります。

 

20181225_142005

 

気密測定の結果!

20181226_172645

 

測定の結果C値は0.20㎠/㎡。

家全体の隙間を凝縮すると約4.89cm角の正方形になります。

日本基準高気密高断熱住宅のC値 ➡2.0㎠/㎡

世界基準高気密高断熱住宅のC値 ➡1.0㎠/㎡

今回も世界基準をはるかに上回る高気密高断熱住宅になりました。

 

検査員さんお疲れ様でした。